金閣寺の拝観料と割引方法そして御朱印と見どころ観光ポイント

金閣寺の拝観料と割引方法、そして御朱印と見どころ観光ポイントについて説明します。

まずは金閣寺の拝観料は次の通りです。

  • 大人(高校生以上)400円
  • 小・中学生 300円

次に割引方法についてですが、金閣寺にはこれといった割引がありません。

団体割引きもなく、正規の料金で入るしかないようです。

ちなみに拝観料(入場料)を払うと、御札をもらう事ができます。この御札が金閣寺の入場チケットみたいなものです。

もし不要な場合は、お寺の中に御札を返す場所がありますので、その中に収めましょう。(御札を返却しても拝観料の返却はありません)

御朱印について

次に御朱印について。

御朱印は出口にあります。しかも私が行った時は一枚の紙で頂きました。よくあるご記帳は行っていませんでしたので、御朱印の紙をもらってくるしかありません。

見どころ

金閣寺の見どころは、何といってもメインは金閣です。

庭園の池に映る様に設計してあり、天気や季節により、いろんな金閣の絵が楽しめます。まずはここからチェック!ですね。

また撮影ポイントみたいな場所があり、場内でスタッフが案内してくれます。

しかしここで注意したいのが、金閣寺内は原則一方通行という事。来場者が多いので仕方ありませんね。

ではなぜこの一方通行が注意するポイントなのかというと、言い換えれば写真撮影のスポットから移動すると、原則戻れないという事なのです。

金閣は池の端に建っており、池の向かい側からぐるっと、いろんな角度で撮影ができます。

しかし金閣の写真撮影の最終地点まで行って、また最初に逆送して戻るというのは、原則ダメなので、そのスポットごとに写真を撮りまくるというのが、大事になります。

これは金閣の撮影ポイントだけではなく、お寺の中全てにいえることなので、気になるスポットがあれば、悔いが残らないように写真を撮りまくっておきましょう。

しかしここまで書いておいてなんですが、私の感想は金閣寺の納得できる写真を撮るには、一度では無理だと思います。

なぜかというと、見どころスポットがたくさんあるからです。

主に風景ですが、金閣寺独特の雰囲気もありますし、天候や季節の違いもあって、なかなか納得できる写真って少ないです。

でもそれがまた金閣寺を訪れる理由にもある訳ですが(笑)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク