最寄り駅はココ!京都駅から電車で伏見稲荷大社へのアクセス方法

JR京都駅から電車に乗って、伏見稲荷大社への行き方を説明します。

大阪駅や神戸の三ノ宮駅、または滋賀県の大津駅や草津駅から伏見稲荷大社を目指す場合も、一旦京都駅に行き、そこから伏見稲荷大社へアクセスしてみましょう。

(この情報は2017年1月現在のものです)

京都駅から伏見稲荷大社へのアクセスのポイントは次の2つです。

  1. JR奈良線に乗り稲荷駅で降りる
  2. 1分歩く

では詳細をチェックしてみます!

JR奈良線に乗り稲荷駅で降りる

京都駅に着いたらJR奈良線乗り場へ行き、電車に乗って稲荷駅を目指します。この稲荷駅が伏見稲荷大社の最寄り駅です。

方面は城陽行き、奈良行きです。

京都駅からだと2つ目の駅が稲荷駅なので、所要時間は約5分。料金は140円です。

1分歩く

はい、稲荷駅に着きました!

着いたら改札口を出れば目の前が伏見稲荷大社の表参道なので、駅から1分で着きます。

市バスはどうなの?

京都駅から市バスでアクセスする場合は、C4乗り場の市バス南5系統に乗って、稲荷大社前バス停で降ります。

しかしバス停から5分くらい歩くので、私の感想は京都駅からだと電車利用の方がスムーズですし早いです。また市バス一日乗り放題券を持っていても、電車でアクセスする方法をオススメします。

電車で行く時の注意点

あと私が思った電車でアクセスする時の注意点ですが、伏見稲荷大社はなぜかいつでも混雑しているので、車椅子やベビーカーを使う場合は注意して下さい。

車椅子はともかく、ベビーカーを利用する際は、だっこヒモなどの方が移動がスムーズだと思います。

また帰りもJRを利用して京都駅に戻るなら、稲荷駅に着いた時点で帰りの切符を買っておくと便利です。

なぜかというと、帰りの電車もまた混みますし、ほとんどが観光客なので切符の券売機も行列ができます。これを避けるなら、事前に帰りの切符も購入していた方がスムーズです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク