伏見稲荷大社の所要時間と口コミ、そして私の感想

伏見稲荷大社の所要時間と口コミ、そして私の感想について説明します。

まず伏見稲荷大社の所要時間ですが、これは参拝する人によってかなり違ってくると思います。

なぜかというと、伏見稲荷大社はひとつの大きな山全体が境内みたいになっており、全部をグルっと周ると半日くらいは余裕でかかります。

また御祈祷を受けたりするともっと時間が必要にもなります。

ちなみに私のいつもの参拝コースは、本殿に参拝しおみくじを引いて、おもかる石くらいまで歩いて、そこから引き返すというもの。

これだと駅に着いてから駅に帰るまで、約1時間くらいの所要時間です。

途中に参道もあるので、ランチや食べ歩き、またお土産チェックなどしているともっと時間が必要になってくるので、初めて行く場合は2時間くらいの所要時間を確保しておくと良いと思います。

口コミのポイント

伏見稲荷大社の口コミをじゃらんnet、子供とお出かけ情報「いこーよ」の2つのサイトからチェックしてみます。

結論から言うと2つのサイト共に伏見稲荷大社の口コミは高評価なのですが、小さなお子さんがいる人は「いこーよ」。

一般の方はじゃらんnetの口コミを参考にしてみてください。

全体的には同じ様な事が書かれていても、行く人の種類によって細かなポイントが違ってくるので、あなたに近いクチコミをチェックしてみてください。

>>じゃらんnetで口コミをチェック

>>「いこーよ」で口コミをチェック

私の感想

私の伏見稲荷の感想ですが、ここは京都の観光地として必ずチェックしておいた方が良いと思いますが、一番ズラしのテクニックが必要だと思いました(笑)

ズラしのテクニックとは、時間帯や曜日の事です。

なぜかというと、伏見稲荷大社は外国人観光客も多く、常に人で賑わっている感があります。

特に土日祝日などには駐車場もほぼ待ちの状態ですし、ランチ時には飲食店や屋台も混雑しています。

これらの混雑を避けるには、午前中のできるだけ早い時間帯に参拝することです。

具体的に言うと、私はいつも9時~10時の間には伏見稲荷大社に着くようにしています。

これくらいの時間なら、一通り参拝し、11時くらいに食事して正午くらいには帰るのですが、混み合う時間帯はそれからなので、スムーズに他の観光地に行くことができます。

あとアドバイスですが、お土産は帰りに買いましょう。

これは私の失敗談ですが、まだ最初の頃、参道のお土産を見ているとつい衝動買いしてしまい、複数のお土産袋を持ちながら参拝した事がありました。

伏見稲荷大社は山になっており、上り下りも多い場所があるので、手荷物はできるだけ少ない方が良いですよ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク