関空から電車、バスで清水寺へのアクセス方法

関西国際空港(関空)から京都の清水寺への行き方を説明します。

(この情報は2017年1月現在のものです)

まず京都駅からはバスで清水寺までアクセスできるので、今回のチェックポイントは関空からどうやって京都駅まで行くか?という事ですね。

主にJRとリムジンバスの2つの方法があるので、詳細をチェックしてみましょう!

【1】JR⇒京都駅⇒清水寺

関空の中には電車の駅があるんです。それが関西空港駅です。今回はJRで京都駅に向かうのでJR乗り場へ移動します。

関空からJRで京都駅に向かう時、普通、急行、特急と種類がありますが、私の感想は特急はるかで京都駅に向かうという方法がオススメです。

その理由は、特急はるかは指定席ですし、乗り換えもナシで京都駅に行くことができるからです。

なぜ私がこの方法をオススメするのかというと、これは私の以前の失敗体験ですが、学生の時(高校生)、卒業旅行と称して友達と京都へ行った時の事です。

当時、関空がまだできて目新しく、私も飛行機に乗った事がなかったので、高校生ながら飛行機で大阪まで行きました。

しかし旅行費を節約するために関空から急行や普通に乗り代えて京都駅を目指したのです。

当時は今みたいにジェットスターなどの激安LCCとかありませんでしたから、仕方ありませんでした。

しかし大阪駅の手前の新今宮駅あたりで乗り換えを間違えてしまい、結局、京都駅に着いたのは夕方頃で、その日一日移動で終わったという失敗経験があります。

それからは土地勘がない観光地では、できるだけシンプルな方法で移動するようにしています。なので繰り返しになりますが、関空から京都駅までのJRで行くなら、特急はるかがオススメです。

ちなみに特急はるかの場合、移動にかかる所要時間は約75分。運賃は(2,850円)です。

はい、京都駅に着きました!京都駅に着いたらバス乗り場へ移動してD1、D2どちらかのバスに乗っても清水寺を目指します。

どちらも清水寺に行くので早く来た方にのればOKです。降りるバス停は、五条坂バス停もしく清水道バス停です。

所要時間は約15分。料金は大人230円、小人120円です。

【2】リムジンバス⇒京都駅⇒清水寺

次にリムジンバスでのアクセス方法です。

関空に着いたら8番バス乗り場から京都駅まで、リムジンバスが出ているのでこれに乗ります。

関空からの所要時間は約85分。運賃は2,550円です。

京都駅に着いたら後は同じく、D1、D2バス乗り場から清水寺へ向けてバスが出ているので、それに乗ります。

どちらが良い?まとめと感想

JRとリムジンバスの2つの方法をまとめてみます。

【JR】

・関空⇒京都駅 約75分(2,850円)

・京都駅⇒清水寺 約15分(230円)

合計約1時間30分 (3,080円)

【リムジンバス】

・関空⇒京都駅 約85分(2,550円)

・京都駅⇒清水寺 約15分(230円)

合計約1時間40分(2,780円)

結果からいうと、JRの方が約10分早くリムジンバスの方が300円安いです。こうやって見るとあまり大差はありませんね。

あと飛行機で清水寺をはじめ、京都の観光地に行く時のアドバイスですが、京都に着いたら旅行トランクなどの荷物は、最寄り駅のコインロッカーや宿泊するホテルに先に預けておくなど、手荷物をできるだけ減らして観光地を周ると良いです。

その理由は、京都の観光地のほとんどは、観光客が多いからです。平日は修学旅行生が、土日祝日は外国人も多く、トランク引きずっているとかなり通行の邪魔になります。

あと階段をはじめ上り下りも多いので、できるだけ手荷物は少ない方が良いと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク