伊丹空港からバスと電車で京都の伏見稲荷大社へのアクセス方法

大阪国際空港(伊丹空港)からバスと電車を使って、京都の伏見稲荷大社への行き方を説明します。

(この情報は2017年2月現在のものです)

アクセスのポイントは次の2つです。

  1. 伊丹空港からリムジンバスで京都駅へ向かう
  2. 京都駅から電車で稲荷駅に向かう

たったこれだけ!シンプルですね。

では実際に行ってみたいと思います!

伊丹空港からリムジンバスで京都駅へ向かう

伊丹空港に着いたら、バス乗り場に向かい、5番バス乗り場から京都駅に向かいます。

所要時間は約50~55分くらい。料金は1,310円です。

>>リムジンバスの時刻表はこちら

京都駅から電車で稲荷駅に向かう

はい、京都駅に着きました!着いたらここからは電車で移動します。

京都駅内にあるJR奈良線から、伏見稲荷大社の最寄り駅である稲荷駅を目指します。

所要時間は約6分、料金は140円です。

着いて改札を出れば、伏見稲荷大社の参道が目の前にあるので、後はそのまま奥へ向かって進めば自動的に神社へとアクセスできます。

【所要時間と料金まとめ】

伊丹空港⇒京都駅 約55分(1,310円)

京都駅⇒稲荷駅 約6分 140

合計 約1時間 1,750円

※この所要時間にはバス、電車の待ち時間を含んでいません。

私の感想とアドバイス

私が実際に行ってみた感想ですが、この方法がシンプルですし安いし早いと思います。

ただリムジンバスは高速道路を走るものの、急な事故などによって、高速道路が規制され、渋滞になっているとその影響をまともに受けてしまうので、到着時間はもう少し遅くなると思います。

また京都駅から伏見稲荷大社に向かう観光客は非常に多いので、手荷物はできるだけ少なくして行った方が、人混み対策としても有効です。

京都駅に戻ってくるなら、コインロッカーに荷物を預けておくのも良いですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク