タコ焼き、串カツ、グルメ!観光旅行で行った大阪新世界レビュー

大阪の観光スポットとして有名な通天閣は、新世界という街の中にあります。新世界は串カツをはじめタコ焼き、焼きそばなどの粉もんグルメもたくさんあり、食べ歩きもできます。

ということで、何度か通天閣に行った経験がある私の感想ですが、通天閣に行った時、新世界もセットにすると、観光旅行の満足度も格段に上がると思います。

そこで今回は、そんな新世界をレビューしてみますね。

大阪の風景

新世界を一言でいうと、『これぞ大阪』という印象があります。もちろん大阪府全体がこんな感じではないのですけど、明らかに東京や名古屋、博多とは違う文化みたいな空気みたいなものがありますね。

新世界にあるキン肉マンショップ。「新世界100周年キン肉マンプロジェクト」でキン肉マンの等身大人形が飾られてから、このショップも知名度がグンと上がりました。

キン肉マンといえば、私の兄くらいの世代で消しゴムが大流行したのを覚えていますが、あれから何十年も経った今でも、日本中にファンがいるんですね。

こちらは床屋。散髪700円とは激安です。ほかにも

・パーマ4,000円~

・白髪染め2,400円~

など、かなり安いですね。

何気に道端にある自販機を見てみると…なんと今どき100円で販売しています。聞いたことがない海外のジュースではなく、コンビニなどで見る様な飲み物がたくさんありました。

こちらはゲーセン。なんと全テーブルゲームが全て50円という、市場価格の半額で遊ぶ事ができます。

中のゲームはストリートファイター2みたいなものもありましたが、懐かしさも含め楽しめるものが多かったです。

街中を走る人力車。かなりインパクトがありますね。そういえば京都の清水寺や愛知県の犬山城に行った時も人力車が走っており、乗ってみたいな~と思いましたが、なかなか勇気が無く断念…

新世界の人力車も観光案内などをやってくれるそうで、かなり目立ちそうですが面白そうですね。これは次の機会にチャレンジしてみたいと思います。

安くてウマい!新世界

もうひとつ新世界でチェックしておきたいのが食べ物です。

全国的に美味しい食べ物はたくさんありますよね。でも大阪では、美味しくて当たり前でしかも安いというのが特徴なんです。

例えば定食屋。新世界では500円定食なるものがありました。焼き魚やハンバーグ、とんかつに生姜焼きなど、これら全て1定食500です。

社員食堂並みの値段設定ですね。

そして私が大好きなタコ焼きも美味しくて激安で販売しています。6個で350円(税込)くらいの値段です。

東京や名古屋の観光地だと、6個で650円くらいしますが、大阪のタコ焼きというのは観光地価格ではなく、小腹が空いた時に気軽に食べる事ができる値段ですね。

しかも外はカリッと中はトロトロといった、定番の美味しさです。舌を火傷しそうなくらいアツアツのいものをいつも食べていますwこんなカンジで新世界はグルメもチェックしておきたいですね。

新世界の所要時間は、飲食店や立ち寄る店にうもよりますが、ざっと巡って食事して約1時間もあれば楽しめると思います。

是非、通天閣とセットにしてみてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク