あべのハルカス展望台の料金と5つの割引き方法

あべのハルカス展望台の料金と5つの割引き方法について説明します。

この情報は2017年4月現在のものです。

まずはあべのハルカス展望台に普通に入った場合の入場料金をチェックしてみましょう。

●大人 (18歳以上) 1500円

●中高生 (12歳~17歳) 1200円

●小学生 (6歳~11歳) 700円

●幼児  (4歳以上) 500円

この料金だけを見てみると、大人料金で1500円って、なかなか高い様な気もします。

しかしこれらの料金が割引になる5つの方法があるので、できそうなものを試してみてください。

障がい者割引き

障がい者手帳を持っている方と同伴者は、次の料金で入場できます。この場合、入口カウンターで障がい者手帳の提示が必要です。

●大人 (18歳以上) 750円

●中高生 (12歳~17歳) 600円

●小学生 (6歳~11歳) 350円

●幼児  (4歳以上) 250円

団体割引き

15人以上の団体客は、団体料金で入場できます。また一般団体と学校団体の2種類の団体料金があります。

★一般団体料金★

●大人 (18歳以上) 1350円

●中高生 (12歳~17歳) 1080円

●小学生 (6歳~11歳) 630円

●幼児  (4歳以上) 450円

★学校団体料金★

●大人 (18歳以上) 1200円

●高校生 960円

●中学生 840円

●小学生 (6歳~11歳) 560円

●幼児  (4歳以上) 400円

また団体で入場する場合、事前に予約システムから予約を入れておく必要がありますので、公式サイトから予約を入れておきましょう。

>>あべのハルカス展望台 団体入場予約システム

年パス

あべのハルカス展望台の入場が1年間何度でもフリーになる、年間パスポートでの入場です。

ハルカス300プレミアムパスといって、最初に購入する時だけ料金が必要ですが、買ってしまえば1年間入場が自由です。

またハルカス300プレミアムパスには、嬉しい8つの特典が付いています。

●大人 (18歳以上) 4900円

●中高生 (12歳~17歳) 4200円

●小学生 (6歳~11歳) 3000円

●幼児  (4歳以上) 2500円

【特典1】混雑時も同伴者も含め、事前予約入場列で入場できる

【特典2】同伴者は5名まで同伴料金で入場できます。

●大人 (18歳以上) 1500円 ⇒ 1350円

●中高生 (12歳~17歳) 1200円 ⇒ 1080円

●小学生 (6歳~11歳) 700円 ⇒ 630円

●幼児  (4歳以上) 500円 ⇒ 450円

【特典3】ソフトドリンク1杯無料
【特典4】1000円以上の買い物でオリジナルグッズがもらえる
【特典5】特別価格で記念撮影できる【1200円⇒1000円
【特典6】あべのハルカス美術館に入場するとオリジナルグッズがもらえる
【特典7】500円クーポン券×2枚進呈
【特典8】海遊館のガイドツアー、音声ガイドが割引き(500円⇒300円)

以上が年パスの特典です。

もっと詳しい詳細が公式サイトにあるので、興味がある人はチェックしてみてください。

こちら⇒ あべのハルカス展望台年パス

近鉄百貨店の株主優待

あべのハルカス展望台を運営しているは近鉄グループの株主優待券に割引券が付いています。

割引率は大人200円、中高生以下100円という微々たるものですが、金券ショップなどにもたまに出ているのでチェックしてみるのも良いですね。

ホテルの宿泊特典

あべのハルカス内にある大阪マリオット都ホテルに宿泊して、特典としてあべのハルカス展望台に入場するという方法です。

プランによっては無料で入場できるものもありますし、また楽天トラベルなら、たまにかなりお値打ちなプランが出ている事があります。

いつもお値打ちプランが出ている訳ではありませんが、こまめにチェックしてみると、お値打ちプランが出ている事がありますよ。

>>楽天トラベルにはこれだけ大阪マリオットホテルのプランが出ています!

私の感想

さて、あべのハルカス展望台の入場割引方法を5つ紹介しましたが、私の感想ですが、おすすめは年パスです。

その理由は大人だと4回入場すれば元が取れる上に、クーポン券は合計1000円分ですので、使い倒せばかなりお得ですね。

またあべのハルカスがある場所は、JR天王寺駅のすぐ側という事で、あべのハルカスと周辺の観光地をセットにしやすいという理由もあります。

例えば天王寺動物園をはじめ、新世界や通天閣、また大阪環状線を使うなら大阪城など、あべのハルカスがある場所自体、交通の要所なのです。

春夏秋冬に1回ずつ訪れるのも良いですし、近鉄百貨店で買い物がてら、優先列でサクッと展望室に登ってみるのもよいですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク